野村萬斎 狂言の世界 @ 市原市市民会館 大ホール
いつ:
2020年3月24日 @ 18:30
2020-03-24T18:30:00+09:00
2020-03-24T18:45:00+09:00
どこで:
市原市市民会館 大ホール
千葉県市原市惣社 1-1-1
料金:
全席指定¥2,000(税込)
連絡先:
市原市市民会館チケットセンター
0570-043-043

野村萬斎 狂言の世界

 

開場 18:0 

開演 18:30

 

出演:野村萬斎 ほか

 

【プログラム】

 

解説 野村萬斎

 

狂言「棒縛」

太郎冠者  高野 和憲

主     岡  聡史

次郎冠者  月崎 晴夫

後見  飯田  豪

 

「棒縛(ぼうしばり)」
 二人の家来が、留守番中に酒蔵の酒を盗み飲んでいると知った主人は、太郎冠者を棒に、次郎冠者を
後ろ手に縛って出かけてしまう。それでも酒が飲みたい二人は知恵を絞り、縛られたまま酒を飲むことに
ついに成功する。酔った二人が謡えや舞えやと大騒ぎしていると…。
 自由の利かない手で酒蔵の戸を開けたり、舞を舞ったりと、遊び心に裏付けられた自由さがある作品です。
観ているこちらも心楽しくなれる、狂言の代表作の一つです。

 

-休憩20分-

 

狂言「六地蔵」

徒  者  野村 萬斎

田  舎  者  野村 太一郎

徒  者  中村 修一

徒  者  内藤  連

徒  者  飯田  豪

後見  石田 淡朗

 

「六地蔵(ろくじぞう)」
 田舎者が地蔵堂に六体の地蔵を安置しようと都に仏師を探しにいく。すると徒者(いたずらもの)の
すっぱ(詐欺師)が声をかけてきて、自分こそが真の仏師であると偽り、翌日までに六地蔵をつくる約束
をして田舎者と別れる。すっぱは仲間を呼び出し、地蔵に化けて田舎者をだますことにする。さて翌日、
田舎者が地蔵を受け取りにやって来ると、地蔵は三体しか見あたらない。もう三体はどこにと問うと…。
 演者が所狭しと舞台を駆け回る賑やかな作品です。すっぱは田舎者ををだまし通せるのでしょうか。
本舞台と橋掛りを上手く使った、狂言ならではの表現もお楽しみ下さい。

 

チケット一般発売:令和2年1月19日(日)AM10:00より開始

 

【市原市市民会館チケットセンター】

(Pコード:499-874)

(Lコード:31917)

【市内プレイガイド

※深山文具店は、1月20日(月)から発売

※未就学児入場不可

※お一人様 6枚まで

 

主  催 : 公益財団法人 市原市文化振興財団